Essential FTIR

FTIR レファレンス・スペクトル・データベース用ツール

0

Essential FTIRとは・・・

  • フーリエ変換赤外データを操作するプログラム
  • 赤外データのフリー・ビューワー
  • FDMFTIR Reference Spectra データのフリー・サーチ・プログラム
  • 複雑なデータ操作をシンプルに
  • 反復作業はバッチ・プロセスで自動化
  • ラボ単位からオンライン環境まで拡大可能
  • 公開ソースのPython programming languageで拡張可能
  • Industry-standard file formatsで読み込み・書き出し
  • サポートする装置からデータを直接収集可能


 製作会社によるスクリーン・ショット集

0

0

◆ データ操作 ◆

0

0

◆ スペクトル操作 ◆

  • データ・プレビューを含むファイル・ブラウザー
  • ファイル・ファインダー
  • 全自動によるaudit trail supportがデータの変化を追跡し、記録します。
  • Audit trailは自動的にデータとともに保存されます。
  • すべての作業工程を保存・保管します。
  • ワークスペース(データ・ウィンドウとそれに含まれるすべてのデータ)は後で呼び出せるようにディスクに保存されます。
  • スペクトル・サーチとユーザー・ライブラリー
  • ライブラリー・サーチ:EFTIR中のライブラリーはデータファイルを含むディレクトリ
  • サーチはバックグラウンドで実行され、ユーザーは他のタスクを続行することができます。
  • ヘッダー情報を閲覧、編集
  • スプレッドシートを使ってデータポイントを直接編集し、結果を簡単にプレビュー
  • スペクトルデータを直接Excelのスプレッドシートに転送
  • スペクトルデータをcsvファイルに転送
  • すべてのデータの変更を無制限にアンドゥ操作可能 

0

0

  • スペクトル範囲の消去
  • ゼロもしくは挿入された行のある、消去した範囲中にノイズを加えた可能性のあるスペクトル範囲の消去
  • 手動によるベースライン補正
  • 自動ベースライン補正
  • 手動によるスペクトル・サブトラクション
  • X軸のシフトと拡張
  • Take derivatives of spectral data スペクトルデータのデリバティブを取る
  • FFT, 比率、吸光度、透過率変換
  • フェーズ補正のコントロールを伴うインターフェログラムの高速フーリエ変換
  • Absorbance, TransmittanceDiffuse Reflectance formats間のデータ転送
  • Savitsky-Golaymoving average, Hannig and Hamming window方式による5から99ポイントのスムージング
  • スペクトルデータの解像度を変更するための補完挿入や削減
  • 手動による相互のスペクトル・サブトラクション
  • ユーザー指定範囲の最適化を行う自動スペクトル・サブトラクション
  • 絶え間ないデータのオフセット
  • 絶え間ないデータのスケール
  • スペクトルデータの制限を変えるための切捨て
  • MaclaurinメソッドによるKramers-Kroning 変換
  • ユーザーが与える励起周波数を使ったラマン・シフト・コレクション
  • ATR Correction: ユーザーがコントロールする発生率と屈折率を使ったAttenuated Total Reflectance correction

◆ サポートする装置 ◆

0

0

◆ データ分析 ◆

  • Grams (Galactic, Spectra-Calc) (.spc)
  • Bruker (.0)
  • Perkin Elmer (.sp)
  • Spectacle (.irs)
  • Mattson WinFIRST
  • JCAMP-DX (.dx, .jdx)
  • Jasco (.jws)
  • Interspectrum (.spe)
  • Comma-Separated-Values (.csv)
  • ASCII (x,y) pairs (.txt)

0

0

  • Compute regionsスペクトル範囲の整数エリアを電子計算
  • ピーク・ピッキングは自動的にスペクトルのピークをテーブル化
  • Peak Measurement: computes peak height using user-supplied peak endpoints ピーク測定:ユーザー指定のピーク・エンドポイントを使ったピークの高さの計算

◆ 価   格 ◆ 

0

0

◆ 製   作 ◆

\240,000.- (税抜)

0

0

(U.S.A.)

0

0